So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

昨日(5/26(土))帰ってきましたが、今回は四国の山だけの登山となりました。

 登った山は、いずれも高知県と愛媛県の県境にある、日本三百名山の1つ、瓶ヶ森(かめがもり、標高1,896.5メートル)と三百名山には含まれていませんが平家平(へいけだいら、標高1,692.7メートル)です。
 5/24(木)の6:45に自宅を出て、西湘バイパス(国道134号線)、箱根新道(国道1号線)、伊豆縦貫道、東名高速道路、伊勢湾岸自動車道、東名阪自動車道、名阪国道(国道25号線)、京奈和自動車道、国道24号線、阪和自動車道などを利用して、和歌山港に着いた後、南海フェリーで四国の徳島港まで行き(当初16:25発の船便が船の整備のためらしく欠航になっていて、19:15発~21:25着)そこから国道11号線、徳島自動車道、松山自動車道、再び国道11号線などを利用して、伊予西条駅前のホテルに着きました(真夜中の0時頃)。
 5/25(金)の6:35にホテルを出て、国道11号線、国道194号線、県道17号線(本川大杉線)、寒風大座礼林道を経由して、平家平の登山口に8:10頃着、平家平の頂上に9:50頃に着き、下山を開始したのが10:00頃で、元の登山口に11:04に戻りました。頂上はとても眺望の良い所でした。
 その後、国道194号線沿いにある道の駅「木の香(このか)」で食事休憩した後、今度は、国道194号線、寒風大座礼林道、瓶ヶ森林道を経由して瓶ヶ森に向かいました。(13:10頃発)瓶ヶ森の登山口近くの駐車場に14:10頃に着き、登山口を14:15頃に出発、男山(14:50頃着)を経て、頂上(女山)に15:05頃に着、15:15頃に下山を開始して、元の登山口に15:40頃に戻りました。こちらも頂上からの眺望は良かったです。瓶ヶ森林道も素晴らしい眺望でした。瓶ヶ森からの下山後、松山自動車道、高松自動車道、神戸淡路鳴門自動車道、山陽自動車道、中国自動車道、名神高速道路、北陸自動車道などを使って、北陸自動車道の南条SAで車中泊しました。
 次の日(5/26(土))に、武生ICを降りて、国道417号、冠山林道を使って、日本三百名山の1つ、冠山(かんむりやま、標高1,257メートル、福井県と岐阜県の県境にあり。)を目指しましたが、途中で道路のトンネル工事で道が通行止めになっていたため、今度は、武生まで戻った後、国道8号線などを使って今庄まで行き、そこから国道476号線などを使って高倉峠経由で登山口のある冠山峠に向かいました。ところが途中の高倉峠(こうくらとうげ、標高970メートル)の少し手前で車のタイヤがパンクして、高倉峠で立ち往生しました。(13:10頃)JAFに連絡しようとしましたが私の携帯(au)ではつながらず、峠でちょうどお食事中の山菜採りの人たちのお一人から電話のつながる携帯(docomo)をお借りして、JAFに連絡することができ、おかげでJAFの方に来てもらって(15時頃)走行可能なタイヤに交換してもらい、山をいっしょに降りて、武生IC近くにあるカー用品を売っているイエローハットのお店まで行って、そこで新しいタイヤに交換しました。(17時頃)そして武生ICから北陸自動車道、名神高速道路、東名高速道路、伊豆縦貫道、箱根新道、西湘バイパスを経由して平塚の自宅に戻りました。(23:50頃)
 いやはやタイヤのパンクが高倉峠の近くでよかったです。おかげで人もすぐにいたし、峠からの良い眺望も堪能できました。冠山林道のトンネル工事は今年一杯行われているようです。岐阜県側からも行けそうですが、今回は、当初の予定で冠山の近くにある平家岳にも登る予定でいたので、福井県側からしか考えていませんでした。四国にはあと、日本三百名山の伊予富士がありますが、お隣の寒風山にもいっしょに登ろうと考えています。
 インジさんがまたインスタグラムを更新されたようですね。PCからの入力も可能になっているようです。今度の全米女子オープン大会に行くかどうかはまだ未定です。
 愛する、心優しい可愛らしいインジさん[黒ハート]愛しています!!!

 以下に、今回の山旅の写真を掲載したいと思います。

【平家平登山時の写真】

s_DSCN1877.JPG
 平家平の山頂にて。山頂標識の左上の三角形の山が冠山(かんむりやま、標高1,732メートル、福井県と岐阜県の県境にある三百名山とは違います。)で、その右奥のなだらかな尾根の山が、既登の日本二百名山の笹ヶ峰だと思います。

s_DSCN1878.JPG
 平家平の山頂の様子。広いです。眺望を眺めながら、ゆっくり食事ができそうです。

s_DSCN1879.JPG
 山頂にある案内板と行き先標識等。

s_DSCN1880.JPG
 登ってきた登山道方面を望む。(南側、高知県いの町方面と思われます。)

s_DSCN1881.JPG
 山頂から東側と思われる方向を望む。標識の向こう側に頭を出している山は、大座礼山(だいざれいざん、標高1,587.6メートル)かも。

s_DSCN1884.JPG
 山頂から西側と思われる方向を望む。右奥の山は、日本百名山の石鎚山(いしづちやま、標高1,982メートル)かも。

s_DSCN1885.JPG
 さらに山頂からその左回りに望む。

s_DSCN1886.JPG
 さらに山頂からその左回りに望む。

s_DSCN1891.JPG
 山頂にて。私です。

s_DSCN1893.JPG
 森林限界を越えた山頂近くの笹原を通る登山道。わかりやすいです。

s_DSCN1895.JPG
 森林の中の登山道。わかりやすいです。

s_DSCN1896.JPG
 登山口です。経過時間からすると地図上の高薮登山口のように思えますが、実際の所、よくわかりません。

【瓶ヶ森登山時の写真】

s_DSCN1899.JPG
 瓶ヶ森林道からの眺め。(南側、高知県いの町方面と思われます。)

s_DSCN1900.JPG
 瓶ヶ森林道の様子。四国山脈(写真の尾根)に沿って走っています。標高1,700メートルぐらいでしょうか。

s_DSCN1904.JPG
 瓶ヶ森登山口近くにある駐車場。向こうに見える山は瓶ヶ森の男山(標高1,841メートル)です。

s_DSCN1905.JPG
 瓶ヶ森の登山口です。

s_DSCN1907.JPG
 男山の山頂近くで。ミツバツツジが多く咲いています。ちょこっと見える建物は、男山山頂近くにある行者小屋と呼ばれる小屋です。

s_DSCN1909.JPG
 男山の山頂に祀られている祠(ほこら)です。

s_DSCN1911.JPG
 男山の山頂付近から眺めた瓶ヶ森(女山)の山頂。

s_DSCN1912.JPG
 瓶ヶ森(女山)の山頂にて。

s_DSCN1916.JPG
 山頂にて、登って来た方向を振り返る。右側の黒っぽい山が男山です。

s_DSCN1917.JPG
 山頂からさらに左回りに望む。中央左側の膨らんだ山が伊予富士で、その隣のギザギザした感じの山が寒風山だと思います。平家平はその寒風山の後ろに隠れていて見えないと思われます。

s_DSCN1918.JPG
 山頂からさらに左回りに望む。中央右寄りの三角形の部分の山が既登の日本二百名山の笹ヶ峰だと思います。

s_DSCN1919.JPG
 山頂からさらに左回りに望む。薄く瀬戸内海が見えます。

s_DSCN1920.JPG
 山頂からさらに左回りに望む。西側でしょうか。

s_DSCN1925.JPG
 山頂を少し下って、石鎚山(中央右寄りのギザギザな感じの山)方面を望む。手前の草原状の部分は、氷見二千石原と呼ばれる部分だと思います。キャンプ場や宿泊できる小屋(白石小屋、要予約)があります。

s_DSCN1926.JPG
 男山の山頂から登山口近くの駐車場方面を望む。駐車場は中央尖った山の右下に道路(白い部分)を挟んで、右下と左上(いずれも白い部分)にあります。私の車は左上側にあります。

【高倉峠の写真】

s_DSCN1930.JPG
 高倉峠にて。私の車です。パンクしたタイヤは前輪左側のものです。林道は狭いので、あまり大きな車は不向きです。私の車のヴィッツクラスか軽乗用車がいいようです。

 それでは引き続き天聖経よりみ言を紹介したいと思います。(天聖経第十篇 平和思想 第四章 世界平和のための構想)

(み言 はじめ)
-----------------------------------------
  第六節 国際平和高速道路と日韓トンネル・ベーリング海峡プロジェクト


 1 皆さんは、国に属していますが、世界に属していなければなりません。国にしがみついていてはいけません。皆さんがエデンの園に家庭を引っ張っていく時に、東に行こうと西に行こうと、エデンの園に国境線があり、行くなと制止する人がいただろうかという話です。いなかったというのです。その基準で行かなければなりません。統一教会(現世界平和統一家庭連合)の名をもってどこに行っても、妨げるものがない世界的版図をもたなければなりません。そのようにしなければ、地上に天国理念を完成した立場で入ることができないというのが理論的なのです。

 2 今や、先生がいなくても、地上において天国を自動的に実現していくことができるのです。このようにすることができるように、すべて築いておきました。ですから、霊界の地獄の門を撤廃し、天上にいくことのできる高速道路を、すべてつくっておいたのです。もし、私たちがワシントンに行こうとすれば、その過程には千万の段階があります。宿命的な差によって、少し近いか遠いかの距離があるだけであって、ワシントンにはみな行くことができます。十年かかって行くのか、百年かかって行くのかというのは、自分の努力いかんにかかっているのです。


             ・
  日韓トンネル建設の意義
 19 アジアに影響を及ぼすものが日韓トンネルです。今や、日本と韓国が鉄道を中心として交通路で連結されれば、世界の物流が、アジアとアメリカ、太平洋圏の三分の二は韓国を通過するようになります。それで、韓半島が統一されてトンネルさえ通しておけば、韓国を通してたくさんの物流を汽車で運ぶことができる時が来るのです。

 20 日韓トンネルを掘り始めたのはかなり前のことです。日本から韓半島を通して中国まで道を開くようになれば、南北統一は問題ありません。そうなれば、今後、日本にも希望があるでしょう。大陸の無限の資源を供給することのできる道を整えようとするのです。

 21 日韓トンネルを掘るのです。国際平和高速道路を造って中国まで連結し、ロシアまで連結するのです。韓半島で連結させることができます。韓半島は高速道路の中心地です。世界の政治思潮の観点において、出発の基地が極東です。先生が生まれた故郷の地です。祖国が基地なので、すべてのものの出発がここから始まります。そうなると、韓国は輸送基地になり、文化交流の焦点になるので、世界の文化がこの基地を中心として平準化に従っていかなければなりません。ですから、韓国の位置が重要です。先生は二十年前からこのような話をしたのです。

-----------------------------------------
(み言 おわり)

 天国人として絶対「性」を守り、天の父母様(神様)を中心に良心に従って、為に生きる真の愛の心情で共に暮らしましょう。アージュ!
 それでは天の父母様、天地人真の父母様、みなさん、皆様方に感謝申し上げながら、これにて失礼致します。
 テェピョンソンデ オンマンセ チョンジインチャンプモニム!(太平聖代億万歳 天地人真の父母様!)

nice!(1)  コメント(0) 

明日早朝から出かけます。

 インジさんがインスタグラムを更新されましたね。とても明るい雰囲気に満ちていて、うれしいです。ワシントンDCにも行かれたのですね。素晴らしいですね。私はPCでインスタグラムを見てますが、どうも今日はPCから入力ができないようです。私も早くガラケーからスマホに変えようと思っています。
 明日からの山旅は土曜日までにしようと思っています。
 今度の全米女子オープン大会が行われる会場はアラバマ州のバーミングハムに近い所なのですね。お隣のジョージア州のアトランタから200Kmぐらいの所のようです。アトランタへは日本から飛行機の直行便も行っているようです。行きたい気もしています。
 愛する、心優しい可愛らしいインジさん[黒ハート]愛しています!!!
 それでは引き続き天聖経よりみ言を紹介したいと思います。(天聖経第十篇 平和思想 第四章 世界平和のための構想)

(み言 はじめ)
-----------------------------------------
  第六節 国際平和高速道路と日韓トンネル・ベーリング海峡プロジェクト


 1 皆さんは、国に属していますが、世界に属していなければなりません。国にしがみついていてはいけません。皆さんがエデンの園に家庭を引っ張っていく時に、東に行こうと西に行こうと、エデンの園に国境線があり、行くなと制止する人がいただろうかという話です。いなかったというのです。その基準で行かなければなりません。統一教会(現世界平和統一家庭連合)の名をもってどこに行っても、妨げるものがない世界的版図をもたなければなりません。そのようにしなければ、地上に天国理念を完成した立場で入ることができないというのが理論的なのです。

 2 今や、先生がいなくても、地上において天国を自動的に実現していくことができるのです。このようにすることができるように、すべて築いておきました。ですから、霊界の地獄の門を撤廃し、天上にいくことのできる高速道路を、すべてつくっておいたのです。もし、私たちがワシントンに行こうとすれば、その過程には千万の段階があります。宿命的な差によって、少し近いか遠いかの距離があるだけであって、ワシントンにはみな行くことができます。十年かかって行くのか、百年かかって行くのかというのは、自分の努力いかんにかかっているのです。


  戦争のない平和公道
             ・
 15 日本は、先生と昔は怨讐(おんしゅう)の国でした。しかし、アジアの国として、兄カインの文化的な背景において、福を受ける先発隊として立て、交流させようというのです。それで、これを連結させるために、北朝鮮を通って中国大陸を通る国際平和高速道路の建設を計画するのです。それは日本人がしなければなりません。そのようなことを先生がしたというのです。歴史の上で、理論と共に行動を通して「正しい」と言える証拠的基盤、ダンベリーを通過してもって出てきたので、ここから統一の運勢が拡大していくのです。

 16 国際平和高速道路の理想を具体化するために、私たち統一教会(現世界平和統一家庭連合)を中心として、日本とアメリカと中国に居住する韓国の僑胞を結束させ、技術圏を形成するでしょう。そうなれば、日本とアメリカの方向も自動的に一致し、世界的に自由を保障される新経済基盤の上に、国際平和高速道路を発展させるでしょう。このようにして、歴史的宿題だったアジアの自由通路が成り立ち、黄色人種の大移動が実現されるのです。私たちは、ここアジアを基点にして、絶対価値である神様の愛を中心として現実的統一経済圏を実現し、東西新文明を結合して新しい世界の平和を具現しようというのです。

 17 先生が今、提唱するのは国際平和高速道路です。今後、あらゆる宗教のブロックを動かすのです。極東の儒、仏、仙、インドのヒンドゥー教、中東のイスラーム、ヨーロッパのキリスト教文化圏の総団長たちを動かし、青年の核心要員をしっかり動かせば、どの地域でも人を登用できます。今日、宗教者たちが世界全体に貢献したものがありません。自分の教団のためには貢献したものがありますが、世界の人類には貢献したものがないのです。
 この国際平和高速道路の建設計画は、本当に才覚のあるアイデアです。このプログラムなら、教団ブロック、極東なら儒、仏、仙を中心として、宗教者の動員は問題ありません。そのような意味で、韓国と日本の教団がアジアのために貢献することができるように、そこに加担しなければなりません。その次には、インドのヒンドゥー教を束ねるのです。そのように束ねれば、人はいくらでも動員することができるのです。

 18 今後において、日本で問題になるのは材料の問題です。日本が原材料を供給されるにあたって、アメリカや自由世界が大々的に歓迎すれば分かりませんが、ブレーキをかけるとすれば、日本が行くべきただ一つの道は、中国から原材料の補給を受けることです。ですから、そのために一九八一年、先生が世界的に宣布したのが国際平和高速道路です。国際平和高速道路を建設することによって、大陸と連結し、東南アジアから西欧社会、またはシベリアまで連結しようというのです。そうなれば、自動的に原材料を補給できる基盤を築き上げるのに非常に大きな貢献をすると考え、このような計画を宣布したのです。
-----------------------------------------
(み言 おわり)

 天国人として絶対「性」を守り、天の父母様(神様)を中心に良心に従って、為に生きる真の愛の心情で共に暮らしましょう。アージュ!
 それでは天の父母様、天地人真の父母様、みなさん、皆様方に感謝申し上げながら、これにて失礼致します。
 テェピョンソンデ オンマンセ チョンジインチャンプモニム!(太平聖代億万歳 天地人真の父母様!)

nice!(0)  コメント(0) 

今週から始まる大会にはインジさんは出場されないので、登山に行きたいと思います。

 登山に行けて有り難いです。行くとしたら四国や北陸方面へ車で行きたいと思います。お天気が回復する明日から日曜日にかけて行こうと思います。明日は移動日にして、明後日から山登りをしたいと思います。雨後であれば、靄(もや)も洗われて、きれいな青空が望めそうです。ただ車の運転は、明日はこちらではまだ雨のため、スリップしないように気をつけないといけないですね。
 ところで作ったジャムは瓶(びん)詰めにしました。カビが生えやすいと思うので、冷蔵庫に入れて早めに食べないといけないですが、砂糖を体内に入れるのかと思うと、あまり食欲はそそられません。それこそポックリと行ってしまう恐れを感じています。やはり途中で廃棄になるかもです。
 体重は2Kgぐらい減りました。いつもここまではすぐに減らせますが、ここからあと2Kgを減らすのが大変です。
 愛する、心優しい可愛らしいインジさん[黒ハート]愛しています!!!

 以下は、昨日の庭の様子と瓶詰めされたジャムの写真です。

【昨日の庭の様子と瓶詰めされたジャムの写真】

s_DSCN1874.JPG
 アマリリスです。南側のつぼみも花開いて(一番右側)、四つの花びらが花開いています。

s_DSCN1875.JPG
 ゆずです。ゆずの実がふくらんできました。

s_DSCN1876.JPG
 ユスラウメのジャムを瓶詰めにしました。


 それでは引き続き天聖経よりみ言を紹介したいと思います。(天聖経第十篇 平和思想 第四章 世界平和のための構想)

(み言 はじめ)
-----------------------------------------
  第六節 国際平和高速道路と日韓トンネル・ベーリング海峡プロジェクト


 1 皆さんは、国に属していますが、世界に属していなければなりません。国にしがみついていてはいけません。皆さんがエデンの園に家庭を引っ張っていく時に、東に行こうと西に行こうと、エデンの園に国境線があり、行くなと制止する人がいただろうかという話です。いなかったというのです。その基準で行かなければなりません。統一教会(現世界平和統一家庭連合)の名をもってどこに行っても、妨げるものがない世界的版図をもたなければなりません。そのようにしなければ、地上に天国理念を完成した立場で入ることができないというのが理論的なのです。

 2 今や、先生がいなくても、地上において天国を自動的に実現していくことができるのです。このようにすることができるように、すべて築いておきました。ですから、霊界の地獄の門を撤廃し、天上にいくことのできる高速道路を、すべてつくっておいたのです。もし、私たちがワシントンに行こうとすれば、その過程には千万の段階があります。宿命的な差によって、少し近いか遠いかの距離があるだけであって、ワシントンにはみな行くことができます。十年かかって行くのか、百年かかって行くのかというのは、自分の努力いかんにかかっているのです。


  戦争のない平和公道
             ・
 11 世界平和を成し遂げるに当たって、問題は戦争です。戦争をなくすためには、アジア次元で空港を管理しなければなりません。飛行機で兵士も送り、武器も送っています。今後、先生が国際平和高速道路をつくって、「この高速道路で軍事機具運搬してはいけない!」と言えば、世界は戦争をすることができません。勝手に空港も使用できないというのです。飛行機もそのように共同で運用することになれば、契約制になります。それで「この飛行機はすべてのアジア国家が活用すると同時に、アジアに被害をもたらす物は絶対に運送してはいけない」ということになれば、戦争はますますなくなるようになります。港と高速道路もそのようにすれば、今後、戦争をすることはできないのです。

 12 世界は、徐々に交流するようになります。それで先生は、一九八一年に国際平和高速道路を建設することを提唱しました。それは、国境なく往来するものです。国境がありません。四車線の道路を中心として、左右の四キロメートルずつ、その八キロメートルは不干渉エリアです。日本なら日本が平和高速道路に通じるその左右の八キロメートルの外は干渉できますが、その中は絶対に干渉できないようにするのです。そのエリアを、どこでも絶対不可侵エリアとして設定し、世界のすべての人々が往来できるようにするのです。そこに入れば国境がありません。

 13 サタンが数多くの障壁を積み上げましたが、先生がそれをすべて押し倒して清掃したのです。一直線の高速道路を造りました。世の中でも、天と同様にこのような高速道路を造るのです。統一教会(現世界平和統一家庭連合)の教会員たちは、海があればトンネルを掘って走り、山があればトンネルを掘って走らなければなりません。なぜでしょうか。真(まこと)の愛は直短距離です。直線の道です。上下、前後、左右を見ないのです。

 14 平和の達成、これは先生の全生涯の希望です。一九八一年、ソウルで第十回「科学の統一に関する国際会議(ICUS)」が開かれました。百カ国以上の国家の著名な学者たちが集まった会議でした。先生はその会議で、国際平和高速道路の建設案を発表しました。この巨大な計画が実行されれば、東京からロンドンまで自動車で行くことができるのです。国際平和高速道路が人々を一つの人類一家族として団結させると考えます。現代の技術は、人類が一家族として暮らすことを可能にしてくれるでしょう。

-----------------------------------------
(み言 おわり)

 天国人として絶対「性」を守り、天の父母様(神様)を中心に良心に従って、為に生きる真の愛の心情で共に暮らしましょう。アージュ!
 それでは天の父母様、天地人真の父母様、みなさん、皆様方に感謝申し上げながら、これにて失礼致します。
 テェピョンソンデ オンマンセ チョンジインチャンプモニム!(太平聖代億万歳 天地人真の父母様!)

nice!(1)  コメント(0) 

体重を減らそうと思いますが、あのようなジャムを作ってしまい、なかなか減らすのに時間がかかりそうです。

 ここ最近の体重は、以前に比べて2Kgぐらい増えている感じです。お風呂上りにいつも体重を測っています。目標としている体重は、インジさんの公表されている体重と同じです。4Kgぐらいは減らさないといけない感じです。
 最近、真のお母さまが、毒のお話をされていましたが、今回のユスラウメも何かの毒消しになっているのかなあとも感じたりしています。ゆずや梅、夏ミカンにも毒消しのような効果がありそうな感じです。平安時代は、権力闘争などで、あらゆる権謀術数が謀(はか)られたと想像されます。その中で毒も活躍したのでしょう。今は、いろいろな薬も発明されています。ペアシステムですね。自然環境の破壊もこのような観点から解決されるのではと思います。神様や先祖の方からの啓示を霊界から受け取ることは大事ですね。真の御父母様も人間の努力では解決できない時であることを言われています。ために生きる心情でいれば、霊界からのメッセージを受け取りやすいと思います。
 せっかく作ったジャムなのですが、あと少し食べて良い感じでなければ、廃棄しようかなと考えています。ゆっくり体に吸収される砂糖ということですが、いずれにしても砂糖が体内に入るので、食べるのをやめておいた方がいいかなと思えるからです。
 ところで、インジさんがインタビューを受けている様子をVIDEOでみましたが、インジさんは英語がペラペラですね。(私はまだあまり聞き取れませんが。)ポックンという言葉を何回か聞きましたが、パッティングのことなのでしょうか。突然ポックリ行ってしまうことを連想して、ちょっとビックリしています。これも霊界からのメッセージとして受け取って、健康や食べ物に気をつけなさいということかなあと思ったりしています。
 愛する、心優しい可愛らしいインジさん[黒ハート]愛しています!!!

 前回のブログの天聖経のみ言に、境界線の撤廃がありましたが、私も個人や家庭に関する写真を当ブログですが掲載するなどして、それなりに境界線の撤廃に努めています。サタン世界で気にすることと、天国で気にすることとは180度違うのではないかという気がします。ここでも、ために生きる心情が大事ですね。
 それでは引き続き天聖経よりみ言を紹介したいと思います。(天聖経第十篇 平和思想 第四章 世界平和のための構想)

(み言 はじめ)
-----------------------------------------
  第六節 国際平和高速道路と日韓トンネル・ベーリング海峡プロジェクト


 1 皆さんは、国に属していますが、世界に属していなければなりません。国にしがみついていてはいけません。皆さんがエデンの園に家庭を引っ張っていく時に、東に行こうと西に行こうと、エデンの園に国境線があり、行くなと制止する人がいただろうかという話です。いなかったというのです。その基準で行かなければなりません。統一教会(現世界平和統一家庭連合)の名をもってどこに行っても、妨げるものがない世界的版図をもたなければなりません。そのようにしなければ、地上に天国理念を完成した立場で入ることができないというのが理論的なのです。

 2 今や、先生がいなくても、地上において天国を自動的に実現していくことができるのです。このようにすることができるように、すべて築いておきました。ですから、霊界の地獄の門を撤廃し、天上にいくことのできる高速道路を、すべてつくっておいたのです。もし、私たちがワシントンに行こうとすれば、その過程には千万の段階があります。宿命的な差によって、少し近いか遠いかの距離があるだけであって、ワシントンにはみな行くことができます。十年かかって行くのか、百年かかって行くのかというのは、自分の努力いかんにかかっているのです。


  国際平和高速道路建設の意味
             ・
 7 先生が「科学の統一に関する国際会議」で国際平和高速道路の計画を発表しました。その時、議長団はそれに反対しました。平和高速道路のうちの一つは、韓国と日本の間にトンネルを掘って、中国を中心としてシベリアを通過し、モスクワを経てロンドンまで行き、もう一つはインドを通過し、中東を通過してロンドンにまで至るものです。

 8 ソ連を防御するためには、アメリカと日本を背景にしなければならず、その次には中国を背景にしなければなりません。中国を背景にするために、一九八一年の第十回「科学の統一に関する国際会議」で、先生が、国際平和高速道路を建設することを宣布しました。その時、「世界平和教授アカデミー」の議長団は、「議長団がこぞって反対しているのに、先生はなぜこのようなことをするのか」と言いながら反対しました。それで、先生は一言、「皆さんは、私ほどアジアを知りません。アジアについて何も知らず、歴史についても知らないですか」と言いながら始めました。「科学の統一に関する国際会議」には、百十一カ国から八百八十人の学者たちが来ました。そして、彼らの国の総理たちに国際平和高速道路の建設計画案を送ったのです。大学の総長たちにも送ったのです。

 9 今は世界主義の時代です。宇宙時代が来るのです。人々の理想は、夫婦で世界を一周しながら暮らすことです。これが理想です。それで、先生は国際平和高速道路を計画したのです。これが世界的な問題になっています。この前、日本で国際平和高速道路の起工式をし、トンネルを掘り始めました。大韓民国は知らずにいますが、日本では朝野が大騒ぎしています。大韓民国では、夢にも思っていないのです。世の中は自分のものだと思って、昼寝ばかりしています。

 10 万民が平和で幸福に歩むことのできる平坦(へいたん)な大通りを整備しなければなりません。そうして、気分よく何百マイルもの速度で走ることのできる国際平和高速道路を造らなければなりません。たとえ後代の人たちが、誰が整備したのか知らずに感謝することもないとしても、このような道を整備しておかなければならないのが私たちの使命なのです。ですから、私たちは、直線的で平坦な大路を整備しなければなりません。
-----------------------------------------
(み言 おわり)

 天国人として絶対「性」を守り、天の父母様(神様)を中心に良心に従って、為に生きる真の愛の心情で共に暮らしましょう。アージュ!
 それでは天の父母様、天地人真の父母様、みなさん、皆様方に感謝申し上げながら、これにて失礼致します。
 テェピョンソンデ オンマンセ チョンジインチャンプモニム!(太平聖代億万歳 天地人真の父母様!)


nice!(0)  コメント(0) 

インジさん、お疲れ様でした。大変な試合でしたね。

 またしても最後の3ホールでうたたねをしてしまいました。目を覚まして見たら、1位タイなのでびっくりしました。惜しくもプレーオフで負けてしまいましたが、昨年も2位でしたのですね。でもここまで復帰されてきたのですから、これから昨年以上のご活躍をされそうで楽しみですね。畑岡選手も大健闘されましたね。2位タイは初めてですので、こちらもこれからが楽しみですね。上原選手も健闘されていて、これからが楽しみですね。優勝はタイ国のアリヤ ジュタヌガーン選手ですね。お姉さんのモリヤ ジュタヌガーン選手が既に今年ツアー初優勝されていて、姉妹揃ってのとてもうれしい優勝おめでとうございます。やあタイ国ですか。素晴らしいですね。また行きたいですね。他のみなさんも含めまして、引き続きみなさん頑張って下さいね。
 愛する、心優しい可愛らしいインジさん[黒ハート]愛しています!!!
 ユスラウメのプルプルゼリー状のジャムが出来上がりました。水が多すぎたので、時間を余計にかけました。(1.5倍くらい。)味はほとんどフルーティーな香りがない状態でしたが、食べられないほどではないです。ちょっと収穫が早かったかも。ふつうは鳥に食べられてしまうようですが、まだ鳥が手をつけていないので、熟していなかったのかも。お砂糖も300gでしたが、これでも相当に甘いです。200gぐらいでもいいのかな。まあ他の果物にも適用できそうなので、こちらも楽しみです。以下に出来上がったユスラウメのジャムの写真を紹介致します。

【ユスラウメのプルプルゼリー状のジャムの写真】

s_DSCN1873.JPG
 ブルーベリーのような色です。甘々になってしまいました。味は、チチヤスのヨーグルトの上にのせて食べてみましたが、ヨーグルトの味にかき消されて、よくわかりませんでした。

 それでは引き続き天聖経よりみ言を紹介したいと思います。(天聖経第十篇 平和思想 第四章 世界平和のための構想)

(み言 はじめ)
-----------------------------------------
  第六節 国際平和高速道路と日韓トンネル・ベーリング海峡プロジェクト


 1 皆さんは、国に属していますが、世界に属していなければなりません。国にしがみついていてはいけません。皆さんがエデンの園に家庭を引っ張っていく時に、東に行こうと西に行こうと、エデンの園に国境線があり、行くなと制止する人がいただろうかという話です。いなかったというのです。その基準で行かなければなりません。統一教会(現世界平和統一家庭連合)の名をもってどこに行っても、妨げるものがない世界的版図をもたなければなりません。そのようにしなければ、地上に天国理念を完成した立場で入ることができないというのが理論的なのです。

 2 今や、先生がいなくても、地上において天国を自動的に実現していくことができるのです。このようにすることができるように、すべて築いておきました。ですから、霊界の地獄の門を撤廃し、天上にいくことのできる高速道路を、すべてつくっておいたのです。もし、私たちがワシントンに行こうとすれば、その過程には千万の段階があります。宿命的な差によって、少し近いか遠いかの距離があるだけであって、ワシントンにはみな行くことができます。十年かかって行くのか、百年かかって行くのかというのは、自分の努力いかんにかかっているのです。


  国際平和高速道路建設の意味
             ・
 4 あらゆる境界線を撤廃しなければなりません。サタンのあらゆるものを撤廃し、平地をつくらなければなりません。個人、家庭、氏族、民族、国家、世界、天宙のあらゆる壁を先生が壊してしまい、平地にしておきました。ですから、境界線がありません。ヒマラヤ山脈のような壁も問題ありません。そのあらゆる壁をきれいに清算し、高速道路をつくっておきました。そのような壁を押し倒し、境界線を越えるようになれば、真(まこと)の愛が現れるのです。

 5 世界の国家群を見つめる時、数多くの国境線で遮られています。この国境線は誰が遮り、主権は誰が立てたのでしょうか。それは怨讐(おんしゅう)の操作によってつくられた主権であり、怨讐の操作によってつくられた国境線です。神様を身代わりするという信念をもって、それを打破していくことのできる群れ、怨讐サタンの地を処置してしまうことを覚悟し、結束して立ち上がることのできる群れは、どこにいるのでしょうか。今日のキリスト教がその群れになることはできません。
 このような意味で、統一教会(現世界平和統一家庭連合)は自重した立場で自覚し、自覚した立場で明日の希望を再度誓いながら、きょう、自ら準備を完璧にして、前進的な目的を成し遂げるために金城鉄壁の組織を備えなければなりません。それを通して登場するところで、再び収拾する必要のない生活とともに、伝統の道を選んでいかなければ、サタン圏内で勝利のひと日を迎えることはできません。

 6 今から反対になったものを、正しく立て直さなければなりません。皆さんは家庭を中心として小さなメシヤになり、左翼と右翼がない、一つの統一された世界をつくらなければなりません。一九八五年二月一日の三時、先生はダンベリーにいながら、イースト・ガーデンのお母様を中心として、天地の地獄の門、霊界の地獄の門と地上で遮られていたすべての塀を壊し、心情的支流がすべて通じる道をつくりました。あの地獄のどん底から天上まで、高速道路をつくりました。私たちが地上で平和高速道路の話をするのも、そのような時になったからです。それで、先祖たちがいる地獄のどん底にも行って伝道することができます。今までは、それができませんでした。先祖たちが地上の子孫を導くことはできませんでした。今は、教祖たちが教えるのです。霊界にいる祖父が地上の自分の息子、娘のところに来て、すべてコーチできる時代に入ったのです。

-----------------------------------------
(み言 おわり)

 天国人として絶対「性」を守り、天の父母様(神様)を中心に良心に従って、為に生きる真の愛の心情で共に暮らしましょう。アージュ!
 それでは天の父母様、天地人真の父母様、みなさん、皆様方に感謝申し上げながら、これにて失礼致します。
 テェピョンソンデ オンマンセ チョンジインチャンプモニム!(太平聖代億万歳 天地人真の父母様!)

nice!(0)  コメント(0) 

インジさん、今大会は悪天候で54ホールに短縮されたようですね。残り1ラウンド頑張って下さいね。

 今日はユスラウメを収穫しました。重さにしておそらく1.5Kgはあったと思います。お鍋や砂糖やレモン等を用意して、さっそくジャムを作っています。レシピは、インターネットでクックパッド(cookpad)という料理レシピサービスに載っていたものです。(URLアドレス⇒https://cookpad.com/recipe/3201447)砂糖は今日お店に行って、新発売の新しいお砂糖ということで、「ゆっくりと消化・吸収されるお砂糖(スローカロリーシュガー)300g」(三井製糖株式会社)を買ってきました。レシピでは砂糖500gでしたが、ふだんは砂糖不使用のジャムを食べており、あまりたくさんは砂糖を使う気にはなれず、たまたま店員さん直々の呼びかけ販売で売りに出されている、新発売の体にやさしい砂糖ということでこの砂糖を買ってきました。水を1Lのところ、うっかり2Lも入れてしまってどんな結果になるか心配している所です。
 ゴルフの試合の方は、第2ラウンドの残りが行われているようですね。そちらで10:45、こちらで23:45(※1)に第3ラウンドが始まる予定なのですね。ずっと起きて応援しています。
 愛する、心優しい可愛らしいインジさん[黒ハート]頑張って下さいね。!!!

 以下にアマリリスの花と収穫したユスラウメの写真を紹介したいと思います。

【アマリリスの花と収穫したユスラウメの写真】

s_DSCN1870.JPG
 アマリリスが3つ花を咲かせています。あと南側に1つつぼみが残っています。

s_DSCN1871.JPG
 収穫したユスラウメの実。


 それでは引き続き天聖経よりみ言を紹介したいと思います。(天聖経第十篇 平和思想 第四章 世界平和のための構想)

(み言 はじめ)
-----------------------------------------
  第六節 国際平和高速道路と日韓トンネル・ベーリング海峡プロジェクト


 1 皆さんは、国に属していますが、世界に属していなければなりません。国にしがみついていてはいけません。皆さんがエデンの園に家庭を引っ張っていく時に、東に行こうと西に行こうと、エデンの園に国境線があり、行くなと制止する人がいただろうかという話です。いなかったというのです。その基準で行かなければなりません。統一教会(現世界平和統一家庭連合)の名をもってどこに行っても、妨げるものがない世界的版図をもたなければなりません。そのようにしなければ、地上に天国理念を完成した立場で入ることができないというのが理論的なのです。

 2 今や、先生がいなくても、地上において天国を自動的に実現していくことができるのです。このようにすることができるように、すべて築いておきました。ですから、霊界の地獄の門を撤廃し、天上にいくことのできる高速道路を、すべてつくっておいたのです。もし、私たちがワシントンに行こうとすれば、その過程には千万の段階があります。宿命的な差によって、少し近いか遠いかの距離があるだけであって、ワシントンにはみな行くことができます。十年かかって行くのか、百年かかって行くのかというのは、自分の努力いかんにかかっているのです。


  国際平和高速道路建設の意味
 3 霊界のように、地上も遠からず国境線撤廃運動が広がるようになります。できるというのです。それで、各民族を中心として、ロシアのクレムリンまでも霊たちが再臨して、統一教会(現世界平和統一家庭連合)の宣伝運動をしているというのです。先生に対して反対すれば、霊界が放っておくかどうか、見ていなさいというのです。霊界がじっとしていません。世界の後方地帯まで派兵をして、先生に反対すれば、反対する程度に比例して霊的に放っておかないというのです。

-----------------------------------------
(み言 おわり)

 天国人として絶対「性」を守り、天の父母様(神様)を中心に良心に従って、為に生きる真の愛の心情で共に暮らしましょう。アージュ!
 それでは天の父母様、天地人真の父母様、みなさん、皆様方に感謝申し上げながら、これにて失礼致します。
 テェピョンソンデ オンマンセ チョンジインチャンプモニム!(太平聖代億万歳 天地人真の父母様!)



※1:‘10:30’から‘10:45’及び‘23:30’から‘23:45’へ修正致しました。(5/21 午前1時57分ごろ)


nice!(1)  コメント(0) 

インジさん、2日目も素晴らしいプレーを有り難うございます。とてもうれしいです。

 VIDEO HIGHLIGHTSを見ると、ゆったりした感じのショットで、さすがにいいですね。パットも素晴らしいですね。ロングパットは、わずかなスネークライン気味のラインだったのでしょうか。あと2日間、頑張って下さいね。今日も起きてずっと応援しています。(第3ラウンドは、悪天候の影響で、午後4時頃(日本時間で午前5時頃)に開始とのことで、私は今日はもう就寝することにしますね。)(※1)
 愛する、心優しい可愛らしいインジさん[黒ハート]頑張って下さいね。!!!

 以下の写真は、私の知人が送ってきてくれました入笠山登山時の写真です。

【入笠山登山時の写真2】

s_DSC_1406.jpg
 私です。この写真の場所はゴンドラ山頂駅に近い所だと思います。やはりお腹が出ていますね。

s_DSC_1441.jpg
 自撮りをされていました。

s_DSC_1432.jpg
 入笠山山頂での写真です。

s_DSC_1445.jpg
 入笠湿原で写真を取っている所の私です。湿原の説明案内板を写していた時です。この時に取った写真は、案内板が古くなっていて文字が読みづらくなっていたのでブログには載せていません。

s_DSC_1449.jpg
 カタクリの花の写真です。ゴンドラ山頂駅から入笠湿原付近までの間で、時折見かけました。

 それでは引き続き天聖経よりみ言を紹介したいと思います。(天聖経第十篇 平和思想 第四章 世界平和のための構想)

(み言 はじめ)
-----------------------------------------
  第五節 世界平和のための機構


 1 「世界平和宗教連合」、「世界平和女性連合」、「世界平和連合」、「世界平和言論人協会」(「世界言論人協会」)、「世界平和教授アカデミー」、すべて「平和」が入ります。平和思想とは何かといえば、「神主義」であり「頭翼思想」です。家庭は、世界平和のための家庭です。個人も世界平和のための個人です。すべて自己中心ではありません。平和のためのものです。その思想をもたない人は、みな個人主義です。これは、すべて除去されるのです。
 御飯を食べるのも世界平和のために御飯を食べ、水を飲むのも世界平和のために水を飲み、空気を吸うのも世界平和のために空気を吸うのです。愛も世界平和のための愛です。仕事も世界平和のためにするのです。そのように考えなさいというのです。そこに歩調を合わせることができないものは、すべて秋風に散る落葉になるのであって、枝にはなれないというのです。葉にしかなれません。枝にならなければなりません。枝になろうとすれば、平和思想をもたなければなりません。話すことも世界平和のためであり、においを嗅ぐことも世界平和のためであり、五官がすべてそうでなければならないのです。
             ・
  平和大使と分捧王(ぶんぽうおう)
             ・
 24 「分封王(ぶんぽうおう)」とは天の国の総督です。王の上で教育しなければなりません。一つの国をつくって、天国に連れていくことができるその国の信仰の父と母です。新しいメシヤです。国家を代表したメシヤです。その国を助けてあげるために行くのであって、自分たちが搾取するために行ったのではありません。善の総督なのです。

 25 アベル国連がすべきこととは何でしょうか。今、在郷軍人と現役軍人を平和圏内の平和軍と平和警察にして、善の世界をつくらなければなりません。現役軍人と在郷軍人たちで平和軍を創設創設しなければなりません。先生は、このような基礎をつくってきたのです。
-----------------------------------------
(み言 おわり)

 天国人として絶対「性」を守り、天の父母様(神様)を中心に良心に従って、為に生きる真の愛の心情で共に暮らしましょう。アージュ!
 それでは天の父母様、天地人真の父母様、みなさん、皆様方に感謝申し上げながら、これにて失礼致します。
 テェピョンソンデ オンマンセ チョンジインチャンプモニム!(太平聖代億万歳 天地人真の父母様!)



※1:‘第3ラウンドは、~。’を追加挿入致しました。(5/19 午後11時44分ごろ)


nice!(0)  コメント(0) 

インジさん、素晴らしいプレーを有り難うございます。

 フェアウェーを外されたのは、最初だけで、とても落ち着いた安定したプレーをされたようですね。INコースからOUTコースに移る前後では、私はうたたね状態になっておりました。2つもバーディを取られて、おおっ!と驚きました。その後は3連続バーディで素晴らしかったですね。ティーショットの飛距離は抑えられている感じで、セカンドショットがとてもいいようですね。最初の10番のアプローチも良かったのですね。インジさんのニュースを見ましたが、インジさんはツアー中はカフェインを摂取するのを控えているのですね。私は毎日3杯のコーヒーを飲んでいますが、あのグリコのカフェゼリーはあまりよろしくないのかな。気持ちを落ち着かせるのに、今回、インジさんがインスタグラムで披露された音楽を聞くのもいいのかも知れませんね。あと3日間、頑張って下さいね。起きてずっと応援しています。
 昨日、今日と植木屋さんに来て頂いて庭の手入れをしてもらいました。夏みかんの枝をかなり切られてびっくりしました。こうした方が来年もなるのかな。いつも1年おきに生っていて、来年は生らない年です。お花の名前も聞いたりしました。あの赤紫色の花は、紫蘭(しらん)だそうです。最初、知らんと言われているようで、びっくりしました。小さな赤いリンゴの実のなっている木は、うずらうめと言われました。ネットで調べてみるとユスラウメ(梅桃)のようです。赤くなった実は食べられるそうで、試しに食べてみましたが、酸味があってサクランボに似た感じで美味しいです。酸味があるのでジャムに適しているようです。あと今日始めて咲いているのを見てびっくりしたのですが、夏みかんの下にアマリリスという花も咲いていました。茎が太く、かなり大きい花です。植木屋さんからもずいぶんといろんな花がありますねと言われました。
 愛する、心優しい可愛らしいインジさん[黒ハート]頑張って下さいね。!!!
 以下に手入れ後の今日の庭の様子の写真を掲載したいと思います。

【手入れ後の庭の様子の写真】

s_DSCN1864.JPG
 アマリリスの花です。後ろの太い木が夏ミカンの木です。夏ミカンが1つ残っていたようです。

s_DSCN1865.JPG
 その夏ミカンの木の様子。白い丸い部分が枝をばっさり切られた所です。刈り上げ(trim up)されてしまいました。

s_DSCN1866.JPG
 反対側から見た夏ミカンの様子。また枝が伸びてくるとは言っておりましたが。左手前の木は梅の木です。

s_DSCN1867.JPG
 太いつげの木の下に鉄砲百合が生えています。つぼみがたくさんあります。きれいな白い花で、こちらもいい匂いがすると思います。

s_DSCN1868.JPG
 赤い実がたくさん生っているユスラウメです。


 それでは引き続き天聖経よりみ言を紹介したいと思います。(天聖経第十篇 平和思想 第四章 世界平和のための構想)

(み言 はじめ)
-----------------------------------------
  第五節 世界平和のための機構


 1 「世界平和宗教連合」、「世界平和女性連合」、「世界平和連合」、「世界平和言論人協会」(「世界言論人協会」)、「世界平和教授アカデミー」、すべて「平和」が入ります。平和思想とは何かといえば、「神主義」であり「頭翼思想」です。家庭は、世界平和のための家庭です。個人も世界平和のための個人です。すべて自己中心ではありません。平和のためのものです。その思想をもたない人は、みな個人主義です。これは、すべて除去されるのです。
 御飯を食べるのも世界平和のために御飯を食べ、水を飲むのも世界平和のために水を飲み、空気を吸うのも世界平和のために空気を吸うのです。愛も世界平和のための愛です。仕事も世界平和のためにするのです。そのように考えなさいというのです。そこに歩調を合わせることができないものは、すべて秋風に散る落葉になるのであって、枝にはなれないというのです。葉にしかなれません。枝にならなければなりません。枝になろうとすれば、平和思想をもたなければなりません。話すことも世界平和のためであり、においを嗅ぐことも世界平和のためであり、五官がすべてそうでなければならないのです。


             ・
  平和大使と分捧王(ぶんぽうおう)
             ・
 21 先生が計画するとおり、青年平和大使、中高等学校平和大使、小学校平和大使、幼稚園平和大使を中心とした新しい平和大使体制を中心として、完全に一つになれるようにしなければなりません。幼稚園から大学、社旗の重鎮まで、どの村でも平和大使の名をもってするので、一つの道で行かざるを得ません。私たちが暮らす所では戦争はあり得ず、父母の前に不孝だとか国の前に不忠をすることはあり得ないのです。

 22 国家的メシヤは、ローマ帝国を中心としたたくさんの国の分封王と同じです。その国におアベル的王です。その国の主権者はカインですが、そのカイン世界全体をアベル王である国家的メシヤが抱き込まなければなりません。ですから、国家的メシヤは世界的メシヤに連結されなければなりません。世界的メシヤは来られる再臨主です。国家的メシヤは世界的メシヤの前に絶対信仰、絶対愛、絶対服従しなければなりません。そこに自分の意見や意思があれば、平衡が取れません。自己主張をすれば、必ずぶつかるようになっているのです。

 23 国家的メシヤというのは、昔で言えば分封王です。その分封王は総督よりも上です。王は皇族権の血統をもって生まれなければなりません。そうしてこそ分封王になるということです。各国の大統領を中心として見れば、その大統領はカインの大統領であり、国家的メシヤはアベルの大統領です。この二つが一つになってこそ、父母が着陸できる道が広がります。それが原理なのです。

-----------------------------------------
(み言 おわり)

 天国人として絶対「性」を守り、天の父母様(神様)を中心に良心に従って、為に生きる真の愛の心情で共に暮らしましょう。アージュ!
 それでは天の父母様、天地人真の父母様、みなさん、皆様方に感謝申し上げながら、これにて失礼致します。
 テェピョンソンデ オンマンセ チョンジインチャンプモニム!(太平聖代億万歳 天地人真の父母様!)

nice!(0)  コメント(0) 

昨日は私の知人と、長野県にある日本三百名山の1つ、入笠山(にゅうかさやま、標高1,955.1メートル)に登ってきました。

 彼とはJR中央本線の新宿駅に停車中の特急あずさ3号(7:30発)の車内で落ち合い、JR富士見駅(9:43頃着)まで行きました。JR富士見駅前からタクシー(10分くらいかな)で富士見パノラマリゾート山麓駅まで行き、さらにここからゴンドラ(こちらも10分くらいかな)で同山頂駅まで行きました。この山頂駅から登山を開始し、山頂に着いたのが、ちょうど12:00でした。山頂部は広く、眺望も良いところでしたが、靄(もや)がかかっていて、遠くははっきり見えませんでした。それでも山頂にはたくさんの人たちが来ていました。山頂で休憩後、下りは仏平峠へ下り、さらに大阿原湿原を見てから、ゴンドラの山頂駅に戻りました。この山頂駅でも一休みして、ちょうど15:00に山頂駅を出発して、再びタクシーで富士見駅に戻ったのが15:35頃です。富士見駅発15:59発の特急あずさ24号に乗ってJR新宿駅まで戻りました。
 さて、私は以前書きましたように皮膚が弱い所があって、かゆみが生じたりしますが、食べ物と関係しているのに気づいたことがあります。そばやうどんにかける唐辛子を食べるとかゆみが出るのがわかってから、唐辛子はそばやうどんにはかけないようにしています。それからグリコの(キリマンジャロ使用)カフェゼリー(これは美味しいです。インジさんにもおすすめです。日本ではコンビニやスーパーマーケットなどで売っていると思います。)は皮膚には良いかなあという感じがしています。ゼリーが腸内で悪いものを吸収している感じです。それから最近美味しく感じたものとして、同じくグリコのプッチンプリン(ミルクチョコ&苺ソース、濃厚チョコ仕立て)やアメリカ産オレンジのマーコット(こちらは駅前のスーパーマーケットで売っていました。)があります。
 愛する、心優しい可愛らしいインジさん[黒ハート]頑張って下さいね。!!!
 今日は、植木屋さんに来て頂いて、庭の手入れをしてもらっています。梅のアリマキのついた部分は取ってしまうしかないそうです。あとコガネムシですが、鳥(ムクドリかヒヨドリのようです。)が来て、捕食しているのを見たことがあります。イモムシは根を食べ荒らすようですが、私の庭では数が少ないのか、根が多過ぎるのか、枯れるような被害は出ていません。穴を掘るとものすごいたくさんの根が張っていて、穴を掘りづらくなっているほどです。たぶん、木から2、3メートルぐらい先まで根が伸びていると思います。
 以下に今回の入笠山の登山時の写真を掲載したいと思います。

【入笠山登山時の写真】

s_DSCN1840.JPG
 上りのゴンドラから八ヶ岳方面、下方を望む。

s_DSCN1841.JPG
 山頂に上がって、西北西方向を望む。中央に見える縞模様(しまもよう)状の部分は、入笠牧場です。その右上端の部分は、JAXA(宇宙航空研究開発機構 )の光学観測所です。今日のような靄(もや)のかかったようなお天気の日は、何も観測できないかも知れませんね。

s_DSCN1842.JPG
 山頂から、さらに左回りに望む。中央アルプス方面です。肉眼では、かすかに雪をかぶった中央アルプスが見えました。

s_DSCN1843.JPG
 山頂から、さらに左回りに望む。

s_DSCN1845.JPG
 山頂からさらに左回りに、南アルプスを望む。中央右寄り奥に、雪をかぶった南アルプスの女王と呼ばれる仙丈ケ岳(せんじょうがたけ、標高3,032.6メートル、日本百名山の1つ)が薄く見えます。中央左寄り奥の尖った雪をかぶった山は、南アルプスの貴公子と呼ばれる甲斐駒ヶ岳(かいこまがたけ、標高2,967メートル、日本百名山の1つ)です。その右側(手前)にある山は、日本二百名山の1つ、鋸岳(のこぎりだけ、標高2,685メートル、三百名山最難関の山の1つ。)です。甲斐駒ヶ岳のさらに左寄り奥にかすかに見える雪をかぶった山は、鳳凰山(ほうおうざん、標高2,840.4メートル、日本百名山の1つ)です。肉眼では、仙丈ケ岳のさらに左奥に間ノ岳(あいのだけ、標高3189.5メートル、日本百名山の1つ、日本第3位の標高)が見えました。日本第2位の標高の北岳(きただけ、標高3,193メートル)は、鋸岳の後ろにあって見えませんでした。

s_DSCN1846.JPG
 山頂からさらに左回りに、八ヶ岳を望む。

s_DSCN1848.JPG
 入笠山の山頂の様子。たくさんの人が来ていました。

s_DSCN1850.JPG
 右側が私、左側が私の知人(今年3月に大学卒業)です。2012.7.26のブログの時と比べていかがでしょうか。私は、かなりお腹テプテプの年老いたすっかりじじいの体の感じです。山頂標識を意識して背を屈(かが)めてお腹を出してしまいました。しかし、この姿勢は誰かに似ている感じがします。やはり同じ血が流れているようです。源氏と平氏、天皇家と藤原家の怨讐同士の合いの子なのかな。2世圏、3世圏のような感じです。山登りと清平で、複雑に絡み合った因縁を解いているのかも。そういえば、清平という文字は、平清盛さんの語順とは逆さまですね。

s_DSCN1851.JPG
 名前は分かりませんが、青色の花をたくさん見かけました。

s_DSCN1852.JPG
 大阿原湿原です。家の庭の芝生のような感じです。家の庭の芝生はよくみると緑色の部分もあって、そこが伸びているようです。

s_DSCN1855.JPG
 登山道で見かけた一輪の黄色い花です。タンポポかな。

s_DSCN1856.JPG
 入笠山案内図が要所にあります。

s_DSCN1857.JPG
 今度は白い花です。名前はわかりません。白さが鮮明です。きれいな白色です。

s_DSCN1859.JPG
 入笠湿原です。

s_DSCN1860.JPG
 名前はわかりませんが、登山道脇の黄色の小さな花。

s_DSCN1861.JPG
 ゴンドラの山麓駅に降りてからの八ヶ岳。たくさん(8つ?)の峰から成っている山ですね。

s_DSCN1862.JPG
 JR富士見駅前の公園に咲いていた花。白い花がすずらんです。黒岳に登った時にすずらん峠という所がありましたが、あの付近はすずらんが群生している所で有名です。入笠山にも群生地がありますが、まだ咲いていなかったようです。鐘形の可愛らしい花です。

s_DSCN1863.JPG
 JR富士見駅の様子。標高が900メートルぐらいの所で、まだつつじが満開です。

 それでは引き続き天聖経よりみ言を紹介したいと思います。(天聖経第十篇 平和思想 第四章 世界平和のための構想)

(み言 はじめ)
-----------------------------------------
  第五節 世界平和のための機構


 1 「世界平和宗教連合」、「世界平和女性連合」、「世界平和連合」、「世界平和言論人協会」(「世界言論人協会」)、「世界平和教授アカデミー」、すべて「平和」が入ります。平和思想とは何かといえば、「神主義」であり「頭翼思想」です。家庭は、世界平和のための家庭です。個人も世界平和のための個人です。すべて自己中心ではありません。平和のためのものです。その思想をもたない人は、みな個人主義です。これは、すべて除去されるのです。
 御飯を食べるのも世界平和のために御飯を食べ、水を飲むのも世界平和のために水を飲み、空気を吸うのも世界平和のために空気を吸うのです。愛も世界平和のための愛です。仕事も世界平和のためにするのです。そのように考えなさいというのです。そこに歩調を合わせることができないものは、すべて秋風に散る落葉になるのであって、枝にはなれないというのです。葉にしかなれません。枝にならなければなりません。枝になろうとすれば、平和思想をもたなければなりません。話すことも世界平和のためであり、においを嗅ぐことも世界平和のためであり、五官がすべてそうでなければならないのです。

             ・
  平和大使と分捧王(ぶんぽうおう)
             ・
 18 男性の平和大使は父の代身であり、女性の平和大使は母の代身です。国の父と母として神様の代わりに愛の心情をもって、その国の息子、娘のために犠牲になりながら、投入して忘れるための政治体制ができ、そのような一国の形態ができることによって、地上天国と天上天国が完結し、天上解放と地上解放、神様、父母、万民解放万万歳(マンマンセ)の世界になり、理想世界が自動的に形成されるのです。

 19 先祖たちが祝福を受ければ、天使長家庭のようになって、地上に橋を架けるのです。その中間の端とは何でしょうか。功績なしに天使長の立場に立ったのが平和大使です。イエス様を中心としてユダヤ教とイスラエルの国が一つになったなら、家庭を編成して平和大使を派遣するのです。そのような平和大使、百二十人を派遣できませんでしたが、それを再び蕩減(とうげん)するのです。失敗したものをみな蕩減しなければならないのです。

 20 平和大使は天使長です。シオニズム以上、パレスチナのムスリム以上にならなければなりません。統一教会(現世界平和統一家庭連合)しかそのような人はいません。死地に自発的に行って、平和の門を開けようとするのですが、それは決壊した大きなダムを塞ぐのと同じです。体に鉄甲をつけた軍隊を一度に投入して犠牲にすることができ、服と骨と肉を混ぜて幾重にも防いで穴を処理することができ、一個師団で防ごうとして、一個師団が一度に死んだとしても実行できる群れがいてこそ、そのダムを塞いで平和の農地を維持し、暮らすことができるのです。そのくらい犠牲になれる群れが現れるならば、世界平和を完成することができるのです。

-----------------------------------------
(み言 おわり)

 天国人として絶対「性」を守り、天の父母様(神様)を中心に良心に従って、為に生きる真の愛の心情で共に暮らしましょう。アージュ!
 それでは天の父母様、天地人真の父母様、みなさん、皆様方に感謝申し上げながら、これにて失礼致します。
 テェピョンソンデ オンマンセ チョンジインチャンプモニム!(太平聖代億万歳 天地人真の父母様!)

nice!(1)  コメント(0) 

今日は晴れて暑くなっています。夏のような感じでもあります。

 庭にはスズメバチが梅の木に来たり(かなり大きいです。蜜を吸いに来たのかな。)、アシナガバチも小さなリンゴのような実の生っている木に来たりしています。(こちらは蛾や蝶の幼虫を捕えに来ているようです。幼虫をかみ殺して肉ダンゴにしてしまいます。)梅の葉にはてんとう虫の幼虫もいます。梅の葉に餌となるアブラムシ(アリマキ)がいるようです。アリマキはおしりから美味しい蜜をだすので、蟻がたくさんきます。そして蟻はアリマキをてんとう虫の幼虫から守ったりしているようです。蟻さんは森の掃除屋さんと言われるくらいに庭をきれいにしてくれるようです。あまりたくさんいると困るかも知れませんが、彼らの死骸や糞も良い土になりそうです。いろいろな物語が展開されていますね。家の庭はワラジ虫やダンゴ虫の天国です。引っこ抜いた雑草をその場や一か所に寝かして、その上に少し土を載せて腐らせます。この寝かせた雑草の下にたくさんのワラジ虫やダンゴ虫がいます。彼らの死骸や糞も良い土になるようです。ナメクジもいます。ナメクジは落果した実やワラジ虫などの死骸などを食べているようです。夜になると遠くにアマガエルの大合唱が聞こえてきます。彼らは、木の枝の上で虫を捕まえたり、ナメクジも食べることもあるでしょう。長野県の白馬方面へ車で行った時、自販機の窓の近くにアマガエルをたくさん見かけました。光に群がってくる虫を捕まえるのだと思います。そしてそのカエルを狙うヘビもいるでしょう。ヘビはまた、フクロウなどの大きな鳥の餌にもなるでしょう。神様の造られた世界の一端を見ることができますね。
 これらの動植物は、人間のために神様が用意されたものなのですね。人間は万物の最高位にあって、本来は、万物を主管する位置にあるのですね。このように秩序立って造られている宇宙ですが、例えば、規則を守らずに秩序を乱すようなことをすれば問題になるのですね。下剋上のようなことも起きるのですね。がん細胞もできたり、自然環境の破壊が起きて、人間も住めなくなってしまうのですね。これらのことを防ぐためにも、真の御父母様のみ言を学び、祝福を受けて、真の父母様、天の父母様(神様)に侍る生活をする必要があるのですね。
 愛する、心優しい可愛らしいインジさん[黒ハート]頑張って下さいね。!!!
 以下に今日写した庭の様子の写真を掲載したいと思います。

【庭の様子の写真】

s_DSCN1829.JPG
 手前にさつきの花が咲いています。中央奥に青紫色のアヤメの花が咲いています。左側奥の木には、小さなリンゴのような果実がたくさん生っています。

s_DSCN1830.JPG
 そのアヤメの花です。

s_DSCN1831.JPG
 小さなりんごのような果実の生っている木です。

s_DSCN1832.JPG
 以前にもご紹介しました名前のわからない赤紫色の花です。手前にニラが生えています。

s_DSCN1833.JPG
 ゆずの木です。花が散って、根元に小さなゆずの実ができています。ゆずの木にはとげがあります。その強い成分の効能といい、魔除けとして昔から重宝されてきたのではないかと思います。京都にあるゆずの里は、清和天皇が何かの療養のために、身を守るためにゆずをたくさん植えたからではとも推察されます。

s_DSCN1834.JPG
 ぶどうの木です。これから葉っぱに緑色のコガネムシがたくさんつきそうです。その証拠に、穴を掘ると、土中からコガネムシの幼虫のイモムシが時々見られるからです。

s_DSCN1835.JPG
 落ちてしまった梅の実です。香りは少しだけある感じです。

s_DSCN1836.JPG
 梅の木です。まだ梅の実がたくさんついています。今月下旬には取れ頃になるのかな。実が大きくなるのに雨が必要なようです。

s_DSCN1837.JPG
 さつきの右側奥に百合のカサブランカの茎が3本大きく育っています。背が高いですね。匂いで近所の人が撮影に来たことがあります。

 それでは引き続き天聖経よりみ言を紹介したいと思います。(天聖経第十篇 平和思想 第四章 世界平和のための構想)

(み言 はじめ)
-----------------------------------------
  第五節 世界平和のための機構


 1 「世界平和宗教連合」、「世界平和女性連合」、「世界平和連合」、「世界平和言論人協会」(「世界言論人協会」)、「世界平和教授アカデミー」、すべて「平和」が入ります。平和思想とは何かといえば、「神主義」であり「頭翼思想」です。家庭は、世界平和のための家庭です。個人も世界平和のための個人です。すべて自己中心ではありません。平和のためのものです。その思想をもたない人は、みな個人主義です。これは、すべて除去されるのです。
 御飯を食べるのも世界平和のために御飯を食べ、水を飲むのも世界平和のために水を飲み、空気を吸うのも世界平和のために空気を吸うのです。愛も世界平和のための愛です。仕事も世界平和のためにするのです。そのように考えなさいというのです。そこに歩調を合わせることができないものは、すべて秋風に散る落葉になるのであって、枝にはなれないというのです。葉にしかなれません。枝にならなければなりません。枝になろうとすれば、平和思想をもたなければなりません。話すことも世界平和のためであり、においを嗅ぐことも世界平和のためであり、五官がすべてそうでなければならないのです。

             ・
  平和大使と分捧王(ぶんぽうおう)
 15 平和大使は天の国の大使です。サタン世界を整備するための大使だということを知らなければなりません。父母様を身代わりした長男の立場に立てるのです。神様の主権定着時代の旗手になることができる人々です。

 16 平和大使がならなければならないのは、父母様の代身です。サタン側におけるカインと同じですが、カインではありません。兄として弟の立場で奉仕しなさいというのです。国に奉仕し、統一運動に協力しなさいというのです。

 17 大使というのは、その国の特使です。その国を代表して、どこに行ってもあらゆる権限を代行できるのです。それでは、平和大使とは何でしょうか。神様の王権が樹立され、天の国の全権を分配された人々が、天の国の大使です。天の国の平和のための大使だというのです。

-----------------------------------------
(み言 おわり)

 天国人として絶対「性」を守り、天の父母様(神様)を中心に良心に従って、為に生きる真の愛の心情で共に暮らしましょう。アージュ!
 それでは天の父母様、天地人真の父母様、みなさん、皆様方に感謝申し上げながら、これにて失礼致します。
 テェピョンソンデ オンマンセ チョンジインチャンプモニム!(太平聖代億万歳 天地人真の父母様!)

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -